Q&A

Q 自費出版の相場が分からない。いくらくらいかかるものなのか?
Movie.pngまず基礎的経費として、印刷・出版費用がある。これは、どのように節約してもかかる経費だが、コンピューター組版の進歩で、これだけなら今はさほど費用はかからない。
 1000部制作、200ページ仕立て、カラー口絵2丁、写真20点ほど掲載、並製(ソフトカバーのこと)、税込み45万~50万円くらいか。制作部数、ページ数によって、かなり変動する。
すでに原稿があって、それを持ち込むだけでも、単純にこれくらいはかかる。あまりに安い印刷所は、紙質を落としたり、工程管理もいいかげんで、かえって信用できない。リブパブリは、実績があって信用のおける印刷所を選ぶ。
ちなみに編集作業・校閲一切なし、定型のレイアウトに流し組み、写真・カラー口絵一切なしで、ネット自費出版社の中には1000部・200ページで30~40万円程度という所もあるようだ。だが出版に縁のなかった一般の方が、それで満足のいく品質のものを作れるとは思えない。
ある程度、他人に読んでもらえる品質にするには、プロの手による編集作業が必須となる。直接編集費(章構成、見だし立て、分かりやすくするための書き換え、誤字脱字・事実チェックなど)、校閲料(外部のプロに依頼の場合のみ)、レイアウト料、制作管理費(ゲラのやりとり・進行管理など)などがかかる。いろいろな組み合わせパターンによって費用は変動する。大まかに言って、前記例に30~50万円ほどの上乗せとなる。
ちなみにリブパブリ代表・河合の編集者経験を基に率直に申し上げれば、適切な章構成、見出し付け、編集(一般の方の文章には往々にして悪文があり、誤字・脱字・事実間違いなども頻出する)、校正をしないと第三者に読んでもらえる品質にならない。特に、何を言っているのか理解に迷う文、だらだらと長く続く文、あちこち話題が飛び移る文などの場合、全面的に書き直したことがよくある。
また原稿は、Wordや一太郎でのデータならそのまま使えるが、原稿用紙での手書きでは、タイピング作業が必要で、その分の経費が別にかかる(清書されている綺麗な原稿なら1字1円程度)。
Q: どのくらいの分量が適当か?
Dl.png自分史や小説を本にするケースを例にとると、200ページは欲しい。
書店でプロの書いた一般書籍を手にとっていただければ分かるが、翻訳書を除けば大半は220ページ前後だ。これ以下では、薄すぎて体裁が悪く、これ以上だと厚くなって読者がくいつきにくいからだ。
200ページだと、まずまずの厚みのある立派な本という仕上がりになる。これには、写真などを入れても、400字原稿用紙換算で250枚~280枚程度は必要になる。
もっとも150枚程度でも、レイアウトを工夫し、厚みの出る紙を使うと、10ミリちょっとの厚さの本は出来る。厚さ5ミリ程度だと、少し貧弱な印象になる。
Q: 原稿がなくても本が出来るとのことだが?
Memo.png出来る。これが弊社リブパブリの特徴だ。弊社代表の30冊近い著作のある河合が聞き書きをする。
聞き書きの文章化には、かなりの経験と技量が必要となる。依頼者が、本にしたいことを理路整然と述べるケースはほとんどない。そのうえで記憶違いを正し、重要事実の抜け落ちを防ぎ、断片的な内容を1つのストーリーに構成し、分かりやすく適切な文章で表現していくのは、かけ出しのブログ記者程度では無理である。まして400字原稿用紙換算で250枚前後の長文にまとめるには、かなりの筆力を要する。ちなみに河合は、翻訳例だが700枚近く書いたことがある。
Q: その費用は?
Money.pngこれまでのキャリアを加味して、400字詰め原稿用紙換算1枚当たり7000円(税別、交通費等別)をご負担いただく。270枚とすれば(これで200ページくらいになる)、原稿制作費は200万円弱となる。
ただ、この中に編集費用・校閲費用が含まれるので(校閲は希望者には、初校だけ外部専門家に外注予定)、本の制作費を合わせて、概算250万円くらいという計算になる。
具体的に見積もり依頼があれば、詳細な数字は出し、さらに経費を圧縮することは可能だ。

Q: 表紙によっても費用は異なるのか?
Book.png表紙(カバー)には、ソフトカバーとハードカバーがある。
前者は一般の書籍や新書・文庫の外回りに使われていて、最も一般的だ。並製とも呼ぶ。ハードカバー(上製)は、その名のとおりボール紙のように硬い表紙で、1冊ずつ人手をかけて手作り製本していく。そのためこちらは、かなりの割高になる。写真集や画集などでない限りは、あまり勧められない。
Q: これから自分で原稿を書きたいので、校正と印刷・製本だけでも可能か?
BookMark.pngもちろん可能。それだと、前記のように大幅に安くなる。
ただ、すでに原稿が出来ているのならよいが、これから書くというのでは、いつ完成するか予測がたたないので、前受金をいただかない限り、基本的に契約できない。前受金をいただければ、プロとして書き方などの指導は可能だ。その場合、若干の費用が上乗せとなる。
ちなみに河合が編集者を務めていた頃の経験を述べると、寄稿者に原稿料をお支払いする前提で原稿執筆依頼に行って承諾していただいても、10人に1人は締め切りを3カ月も過ぎても、原稿が出来てこなかった。せいぜい15~20枚程度の記事で、書き慣れた研究者も多かったが、これが実態である。
よほど文章に書き慣れた方で、ある程度整った素材(例えば懸賞作品募集に応募した短文など)をお持ちの方でない限り、一般の方がこれから書くと言われると、出版社としては腰が引けてしまうのではなかろうか。
それでも望まれた場合、一定期間(例えば6カ月~1年)を過ぎても原稿の完成がない時は契約書に前金没収・契約解除のペナルティーを盛り込む判断をすることがある。
Q: 契約をして、契約書のやり取り、インタビューや納品、流通の流れが今一つ分からない。
Help.png詳しくは、「出版の流れ」のページを参照していただきたいが、お客様に見積書を提出してから、微調整をへて正式契約となる。
契約時に、着手金兼保証金として、契約総額の20%をちょうだいする。お客様が制作進行に協力しなかったり、その後の費用の支払いが滞ったりした場合、契約解除・没収となる。リブパブリ側の責任で、頓挫した場合は倍返しで契約解除になる。
Q:本の完成までのスケジュールは?
Cal.png原稿が出来ている場合と河合がインタビューして文章作成までする場合とで、日程と工程は別れる。
☆原稿が出来ている場合の流れ(ほとんど編集作業を要しないもの)
入稿(ワードなどでのデータ入稿の場合)→初校(筆者とリブパブリ双方)→初校戻し→再校(筆者とリブパブリ双方、筆者は省略も可)→再校戻し→三校・色校→校了→納本
1つの→に平均2週間として、入稿から納本まで、約3カ月を要する(文字原稿の場合、タイピングに3週間ほど要するし、編集作業が加わると、簡単なもので1~2週間、本格的編集作業で約1カ月さらに加わる)。
☆インタビューによる原稿制作
入稿の前に、インタビューと河合の原稿制作、お客様校正の時間がかかる。インタビューで2~3週間、原稿制作で2~3カ月、お客様校正で1~2週間として、3~4カ月。それから制作に入るので、インタビュー開始から納本まで、途中をスピードアップしても、約半年は要する。
Q: リブパブリに出版依頼をするメリットは何か?
Chart.png全国紙新聞社の出版局で30年近く、雑誌作り、本作りに携わったベテラン記者・編集者の河合が手作りする。また河合の著書は、一般書店でも売っているし、図書館に行けばだいたい手にできる。著作のテーマは専門的だが、週刊誌の記者を務めた時は暴力団関係の大衆向け記事を書いたこともあるし、子ども向けの年鑑の編集・記者を務めていたこともある。高品質を期待できる「顔の見える出版社」、「手作りテイストのある出版社」であることが、お客様の最大のメリットと自負する。
ちなみにインターネットでヒットする自費出版業者の場合、どれほどのキャリアの編集者・記者が担当するのか全く不明だ。低料金を打ち出している所にプロはおらず、データ原稿をメールかUSBメモリーでもらい、そのまま定型化したテンプレートに流しているだけ。品質は、全く保証されない。
どうせ作るのであれば、誰にでも読んでもらえる高品質の本を作りたい。