出版の流れ

!確認事項!

Memo.png
原稿をお持ちの方


その原稿は紙の原稿ですか、それともWordか一太郎のワープロソフトで書かれていますか。紙の原稿ですと、電子化するために原稿用紙1枚単位で別に費用がかかります。ワープロソフトの場合は、そのままお預かりいたします。

編集を望みますか?(全体の構成、章構成、小見出し付け、文章の校訂、添削など)。

望まれる場合は、拝見させていただいたうえで、正確な見積もりをいたします。出版社の書籍編集者がこなすのと同程度の編集を行う場合、それなりの費用が発生します。なおお望みの場合は、専門の校閲記者に初校のみの校閲を依頼します。

おおまかに申し上げて、Word原稿でいただき、章構成・見出し付け程度のごく簡単な編集を加え、写真20枚程度を入れて、B6版(週刊誌の大きさの半分)4色カラーカバー付き・200ページ・部数500部で、45万~50万円ほどとお考え下さい。


HandLens.png
原稿をお持ちでない方

ご著者にインタビューして原稿化します。リブパブリが最も得意とする領域です。

インタビューに入る前に、予めご希望をうかがって、だいたいの費用をご提示します(電話かメールでのご相談段階では無料です)。それでご納得いただけましたら、さらに詳細に打ち合わせを行い、費用を確定したうえで正式契約を交わしてから、インタビュー開始となります。

分量にもよりますが、3~5回程度に分けてお話しをうかがいます(個人の秘密は厳守いたします。なお編集者の判断で、第三者に対する中傷や公序良俗に反することなど、文章化できないこともございます)。
トータルのインタビュー時間は、ページ数にもよりますが、のべ10時間前後かかります。

特に述べたいこと、触れて欲しい簡単な内容、ご経歴、ご家族構成などのメモをあらかじめご用意いただくと、いっそうスムーズに運びます。

・宿泊を伴う出張などは、その都度、実費を申し受けいたします。

・インタビューを含めて原稿化の費用は、400字詰め原稿用紙換算1枚当たり7000円(税別)
を申し受けます。

B6版200ページですと、挿図写真20~30枚を入れて、400字詰め原稿用紙換算で260枚程度が必要になります。300枚となりますと、240ページくらいとなり、重厚感は出ます(厚みは紙質にもよりますが、13ミリくらい)。

なお書籍としての体裁として、ある程度の厚みは必要かと思われます。最低限、150ページ以上が望ましいと言えます。薄すぎると、パンフレットという印象になってしまいます。

最初のインタビューが終わった段階から原稿制作作業に入りますので、次のインタビューまでに欠落の補い・確認などの作業も入ります。少しお手間をとらせますが、よい著書を作るためとお考えいただき、お付き合い下さい。

原稿執筆作業をしながらインタビューを重ねますので、途中での出版中止はご遠慮下さい。万一、お客様の都合で取りやめる場合は、印刷製本代以外の原稿制作にかかる費用の全額を申し受けます。

原稿完成の後は、著者の方には綿密な原稿のチェックをお願いいたします。インタビュアーの思い違いは意外に多いものです。それをチェックできるのは、著者の方しかいらっしゃいません。

著者チェックの終了後は、いよいよ印刷所への入稿になります。この間の編集作業は、上記と同じですが、原稿制作過程で章構成・小見出しを付けてしまいますので、それからは早く、2~3カ月で本の出来上がりとなります。


No_01.png
お見積もり依頼
お見積り申請書はこちら
フォームに従ってお書き込み下さい。2~3日中に大まかなお見積もりをしたうえでご返信いたします。


No_02.png
さらに詳しく知りたい→
お知りになりたいことを、箇条書きの上、下記にメールされるか、携帯にお電話下さい。

Mail.pngE-mailでのお問い合わせはこちら!

Cel.pngお電話でのお問い合わせ 090-4549-2189  

No_03.png
お打合せ
ご納得頂きましたら、面談の上、具体的な打ち合わせに入ります。
※ここからは、地方出張を伴う場合は、旅費のみ申し受けます※


Attention.png

その他、注意事項

著者校正は再校までの2回です

初校は棒ゲラと言い、写真などはまだ入りません。判型に合わせて簡単に組み上がった紙ページの状態でご覧いただきます。編集者も、誤字・脱字の見落としなどの校閲に努めますが、著者のご協力もお願いいたします。この段階で、ご希望の方には、専門の校閲記者に校閲を依頼します(ほとんどは不要かと思います)。

初校お届け後の概ね2週間以内に初校をお返しいただきますが、お返しいただく時までに、挿図写真を決めていただきます。戻し初校ゲラに写真を添えていただき、またその写真には、キャプション(写真説明)を間違えないように付けてください(例えば写真の裏に柔らかい鉛筆で番号をふり、その番号に合わせて別紙で説明を付ける、など)。

写真は、メールに添付ファイルでお送りいただいてもかまいませんが、印刷の品質に耐えられる程度の、最低限300キロバイト以上が必要です。それ以下ですと、ボケなどが起こりますので、別の写真(例えば紙焼き)をご用意いただくことになります。

再校は、初校が戻ってから約3週間以内に出てきます。適切な位置に写真が入っているかも含めて、もう1度チェックをお願いいたします。再校ゲラ戻しは、概ね2週間以内にお願いいたします。

お客様とリブパブリのゲラのやりとり、基本的に宅配便利用となります。お返しいただく宅配便料金はお客様負担となります。

お預かりした写真は、本の完成の前にお返しいたします。添付ファイルでの電子入稿写真は、ご著書が完成した後、当方で責任を持って消去いたしますので、流出の恐れはありません。

費用お支払いは、契約時に正式お見積もり額の2割、初校ゲラお届け時に3割、完成お届け時に残り5割をお願いいたします(これに消費税が加わります)。一括お支払いの場合は、5%引きいたします。

なおいかなる場合も、当方の事情での追加費用はいただきません。ただしお客様のご要望による途中変更(判型、ページ数、部数の増減など)があった場合は、この限りではなく、あらためて追加費用の発生することがございます。


◎14国立考古学博物館の石像圧縮トリミング.JPG
さあ、これで著者の方の作業は終わりです!
完成まで約1カ月、待ち遠しいですね♪

※過程①:②までは無料ですのでご安心ください※

実際に本が完成するまで、ここから半年程度かかります※


LinkIconなお詳細は、「Q&A」のページをご覧下さい。